名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求
トップページへ
名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害
むち打ちとは
むち打ちによる症状・
原因・治療法
むち打ちに認められる
後遺障害等級認定
「非該当」となった場合の
異議申立て
12級と14級の違い
事前認定と被害者請求の
違いとは?
むち打ちによる逸失利益
骨折について
(専門ページへ)
高次脳機能障害について
(専門ページへ)
   
名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


名古屋でのむち打ちについての後遺障害認定に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

事前認定と被害者請求の違いとは?

事前認定と被害者請求

後遺障害等級認定を行う場合には、
事前認定被害者請求の二通りの方法があります。

■事前認定
これは後遺障害を認定する機関である「損害保険料率算出機構」に対し、
加害者の加入保険会社が事前に後遺障害が何級になるか、
等級認定を依頼するものです。

■被害者請求
これは被害者自身もしくは委任された行政書士等が、
加害者の自賠責保険に請求し、
そこから損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所に、
請求書類が送られるという方式です。

事前認定とは

事前認定とは、
加害者側が自動車保険会社に保険金の支払いを請求する方法です。

交通事故においては、
怪我や死亡させた加害者側が、
相手の治療費等の損害賠償金を支払う必要があるため、
加害者側が保険金の請求を行います。

もしも一定額を立て替えて支払っている場合、
立て替えた分の金額は加害者側へと支払われ、
未払い分が被害者側へとあてがわれます。

なお、加害者が加入した任意保険会社が、自賠責保険を含めて一括払いを行い、
その後に自賠責保険会社から当該分を請求するという形式でも、
この事前認定に当てはまります。

※この形式を採ると、
 必ずしも被害者側が十分に救済されない可能性が出てきます。
 そのため、交通事故の被害者となってしまった際には、
 事前認定ではなく被害者請求方式を採ることをお勧めいたします。


被害者請求とは

被害者請求とは、自賠責保険の請求を被害者が、
直接に保険会社へ行う法式です。

加害者に支払い能力、支払誠意がない、
過失を認めず紛争に至っている場合などにこの被害者請求を用いる事で、
自賠責保険を早期に確保する事が可能となります。

また、被害者請求であれば、手続の透明性が確保でき、
より確実に後遺障害等級認定を受け、
自賠責部分の保険を示談提示を待たず受け取る事が出来るなど、
多くの利点があります。


なぜ被害者請求の方が透明度が高いのかというと、
被害者請求を採った場合ならば、
等級認定の資料等は全て被害者側が揃えて、
審査機関に提出する事になるためです。

その分、被害者側の手間は増えますが、
加害者請求のように相手側の保険会社を介さない分だけ、
自身の実情を克明に伝える事ができ、
等級もより実情に沿った認定をしてもらえるようになります。

ただし、被害者請求における異議申し立て等には多数の書類を作成し、
収集しなければならないため、決して容易な手続きではありません。


そこで当社では、こうした被害者請求手続の代行いたしております。
被害者請求をお考えの方は、ぜひ当社へご相談ください。
また、被害者請求の方式など、ご不明な点がありましたらお気軽にどうぞ!



名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求

名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求 名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求 名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求 名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求 名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求 名古屋,むち打ち,むちうち,事前認定,被害者請求

名古屋でのむち打ちにおける後遺障害認定に関してお悩みの方は、
サポート行政書士法人にお任せください!
当社名古屋オフィスは各線名古屋駅すぐにあり、
アクセス抜群の立地となっております!

初回相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください!