名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害
トップページへ
名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害
むち打ちとは
むち打ちによる症状・
原因・治療法
むち打ちに認められる
後遺障害等級認定
「非該当」となった場合の
異議申立て
12級と14級の違い
事前認定と被害者請求の
違いとは?
むち打ちによる逸失利益
骨折について
(専門ページへ)
高次脳機能障害について
(専門ページへ)
   
名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


名古屋でのむち打ちについての後遺障害認定に関するご相談ならサポート行政書士法人へ!

むち打ちとは

むち打ちとは、身体に衝撃を受ける事で頭部が鞭の動きのように前後に過度の屈伸をし、首周りの組織に損傷を生じたために起こる症状です。

主に発生する症状としては頭痛・肩凝り・手足のしびれ・めまい・耳鳴りなどが挙げられ、このむち打ちが発生する原因として最も多いものが、「自動車の追突事故」などの交通事故です。

通常、交通事故によって大怪我を負った事で治療を続けると、完治するほかに「完治してはいないが、これ以上の病状改善も見込めない」という状態に行き着くケースがあります。
これを医学的に「症状固定」と呼び、それまでの治療は保険会社の負担となるのですが、症状固定後の治療は後遺障害として自己(+健康保険)負担となります。

事故によってむち打ちとなった場合、症状固定された後の医療費負担は被害者自身へ移行し、慰謝料として損害賠償金を受け取る事が出来るのですが、実はこの「むち打ち」に関しては、必ずしも損害賠償金を適正に受け取れるとは限らないのです。

というのも、この「むち打ち」という状態は、他者からは分かりにくい事が多く、医者にかかっても、レントゲン写真等で異常が発見しにくい場合があり、客観的に「むち打ち」を患っていると証明する事が出来ないために、適正な後遺障害認定を受ける事ができない、という事がありえるのです。

当社では、全国のこうしたお悩みをお持ちの方から多数ご相談をいただき、対応いたしております。

むち打ちの後遺障害認定についてお悩みの方は、
ぜひサポート行政書士法人にご相談ください!



名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害

名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害 名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害 名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害 名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害 名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害 名古屋,むち打ち,むちうち,後遺障害

名古屋でのむち打ちにおける後遺障害認定に関してお悩みの方は、
サポート行政書士法人にお任せください!
当社名古屋オフィスは各線名古屋駅すぐにあり、
アクセス抜群の立地となっております!

初回相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください!